鋼球というのは昔に比べるとかなり精度の高いものが実現されるようになってきています。
鋼球は省エネに役立っている

鋼球にはいろいろなサイズや精度のものがある

鋼球にはいろいろな大きさのものが存在しています。それぞれのニーズに合わせているからです。注文に応じてそれぞれのサイズの鋼球を製造していきます。非常に細かいサイズに分けられており、それぞれが使われる場面に最適なサイズのものを利用することになります。

サイズについては正確に製造されなければいけません。少しでもサイズが異なっているとそれによって機械が正常に動かなくなってしまうからです。そうなってしまうと大きな影響が出てしまうことになります。スチールボールというのは小さなものなのですが、これのサイズが若干異なっているだけでも多大な影響が出るため、とても繊細につくられています。

また、スチールボールには精度の違いもあります。スチールボールにはJIS規格が存在しており、これによって表現方法や測定方法などが決められています。直径や真球度、ロット、等級といった用語が存在しています。表面の粗さを測定するための機器が存在しており、等級ごとに求められている精度が違います。

最も等級が上のものについてはかなりの精度が求められるため、それを正確に大量に製造するためには高い技術力が要求されるでしょう。それができる企業というのは多くありません。

ページの先頭へ戻る